高額料金で投資マンションを売却しましょう

不動産投資の仕組みとは

模型を持つ人

不動産を利用した投資

不動産を利用した投資として、マンション投資が手軽に行えます。マンションの購入においては、ローンを組んで毎月返済する形を取ります。そしてそこに賃借人をつけて、毎月得られる家賃収入をローンの返済に充てることになります。まずローンについてですが、一般のサラリーマンでも住宅ローンを使わずに融資を受けることができます。マンション投資を行うことを前提として、事業用として融資を受けるわけです。そのために自宅のローン返済が残っていても、マンション投資のためのローンを組めるわけです。もちろん頭金は必要ですが、新築マンションであればほとんど不要とする物件も多く見られます。またマンション投資の管理は管理会社に頼むので、賃借人の募集や家賃の振込管理などを任せることになります。退去時の室内の清掃や、設備の修理なども任せることができます。そしてマンション投資で得られる利益としては、まず毎月のローン返済を差し引いた家賃収入があります。ローンの返済が終われば、そのまま収入源として確保できます。他にも返済途中で売却することで利益を確保することになります。もし購入時よりも値上がりしていれば、その分が利益として確保できます。他に売却までに支払ったローンの元本部分が残ることになります。ただし、購入時よりも値下がりしていれば、その分をローンの元本から差し引いた額が利益として残ります。他にも売却のための仲介手数料など雑費を差し引いて、実質的な手取りの利益が確保できることになります。