高額料金で投資マンションを売却しましょう

賃貸経営のポイントです

家賃設定を行う際に、必ず調べておきたいのが家賃相場です。自分が投資をした物件と似ている物件の家賃を調べれば家賃相場を知ることができますから、多くの物件の家賃を調べて適切な家賃設定を行うようにしましょう。

不動産投資の出口戦略

模型

適切なタイミングを重視

投資マンションは家賃収入を稼ぐことが主な目的ですが、購入価額より高値で売れる場合には売却したほうが良いかもしれません。もちろん必ず売るべきだというわけではなく、今後も高額の家賃収入が見込めるなら、売却せずに保有していたほうが結果的には収益を大きくできます。どちらが有利なのかは、綿密にシミュレートしてみる必要があります。実際にはほとんどの場合、投資マンションの売却額は購入額よりも少なくなります。しかし最初に想定したような利回りが得られず、改善する見込みも薄いときは、思い切って売却したほうが損失を少なくできるでしょう。理想を言えば家賃収入が経費を上回っているうちに、できるだけ高値で物件を手放し、次の物件を購入するのが望ましい投資と言えます。投資マンションは長期的に経営するのが基本ですが、あらかじめ出口戦略を立てておくことは重要です。投資マンションの売却は、キャッシュフローを確保するという大切な役割を持っています。自由にできるキャッシュが手元にあれば、より有利な物件を購入する機会を失わずに済みます。キャッシュフローばかり重視して、実際に投資しなければ意味がありませんが、どうしても欲しい物件があれば売却を検討しても良いでしょう。投資マンションの価格は景気によって変動しますし、家賃相場や修繕費用なども時々刻々と変化する可能性があります。売却するなら常に情報を収集し、適切なタイミングを見極める必要があります。

紙幣を持つ人

不動産投資をする

不動産投資をするときになくてはならない存在がマンション管理会社です。マンション管理会社があることで、オーナーは高みの見物でいられます。手数料を支払うことになりますが、仕事内容から考えるととても安く対応してくれます。

模型を持つ人

不動産投資の仕組みとは

マンション投資はローンを組んで購入し、賃借人をつけた家賃収入で毎月の返済をする形となります。その差額が利益として残ります。あるいは途中で売却した際に、キャピタルゲインやローン元本の返済分などから利益が残ります。